片付けられない!の対策。

片付けの良いタイミングとは?

断つ、捨てる、離れる、ということで、自分の家・部屋から余計なものを減らすことを通じて、部屋だけでなく心もスッキリさせよう!という考え方で、「断捨離」という言葉があるようですね。

このブログでも片付けのことは良く書きますが、もちろんこの考え方には賛成!!です。

でも、一点付け加えさせていただきたい、「片付けの大事なコツ」というものがあります。

それは、、、

「片付け」は、できるだけ心と体が軽いときを狙って行いましょう。

ということ。

心と体が軽いときを選んで片付けを行うことでこそ、本当に良いものが手元に残る!

最近の記事でも、「お買い物をするときの心の状態は、モノ選びに密接に影響する!」なんてお話を書かせていただいたのですが、いらないものを捨てよう!というときの「必要・不要」の判断にも、心と体の状態が密接に関係するんです。

いらないものを捨てる時の、「何を残すか?」という判断も、手元に置いておくモノを選ぶ、という点ではお買い物と一緒ですから、心と体の状態が影響するのは当然と言えば当然ですよね。

例えば、ものすごく気分が落ち込んで、体にも元気がないときに、その気分を引きずったままで無理やり片付けを行うのは、オススメできません。というのも、こうした気分のときに必要なモノ・不要なモノの選別をすると、手元に残るものが、その落ち込み気分にマッチしたものばかりになったりすることもあるんです(汗)。

だからこそ、心と体のコンディションが比較的良いときを狙って片付けをすることで、本当に良いものを選べるようにすることは大切なポイント。セラピーで私がクライアントの方に宿題として不要なモノの処分をお願いするときでも、心と体のコンディションが良い状態で取り組めるような工夫は必ずさせて頂いています。

いらないモノをたくさん処分するなら、やっぱり良いモノだけが手元に残って欲しいもの。心と体のコンディションが良いときに片付けをすることで、部屋も心も体もスッキリさせましょう(^^)

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

持ち物と心の、深~い関係。

あなたが普段持ち歩くものや、お部屋に置くものは、あなたの心のコンディション、精神状態に大きく影響します。もう少し細かく言うと、あなたの持ち物というのは、その物に関連がある心のコンディションを、潜在的に呼び起こす、ということです。

例えば、彼女彼氏と楽しくデートしているときに買ったアクセサリーを付け、仕事が上手くいってほめられた時に着ていたスーツを着て、学生の頃の楽しい思い出にまつわる音楽を聴きながら出勤、、、なんてやれば、心のコンディションは上向くこと請け合い、ですよね(^^)

逆に、かばんの中に失恋して絶望した頃に買った本と、月末の支払いが苦しかった頃に使っていたボールペンを入れ、仕事で上手くいかなかった時に着ていたスーツを着る。こんな組み合わせで仕事に行ったりしたら?もう、家を出る前から心のコンディションは最悪!となってしまうわけです。避けるに越したことはありません。

昔から言われる、「縁起がいい」「縁起が悪い」といいますが、この「縁起」というのは、こういうことも含んでいるんです。

実際に、ハッピーな思い出にまつわる物などを身につけて出かけたりすると、心のコンディションがどう変わるか?がつかみ易いので、興味がある方はお試しください。

でも、願わくば、自分の身につけるもの、部屋に置くものは、例外なく、ハッピーな気分をもたらしてくれるものであって欲しいですよね。そうした、持ち物のラインアップを作っていくことも可能です。これについてはまた次の記事で。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

片付けられない!という悩みの原因。

片付けられない症候群。片付けなきゃと思うけど片付けられない。

手ごわい悩みですよね。片付けなきゃ、片付けなきゃ、という思いばかりが先行して、でもその片付けに手をつけることなく、日々が過ぎていく。

今日は、片付けられない悩みのメカニズムって、いったい何なんだろう?というお話です。

あなたの部屋は、あなたの心・内面の反映

あなたのお部屋の状態は、あなたの内面が映し出されるものです。

部屋が乱雑になっているときは、自分が気づいている、気づいていないに関わらず、例外なく心の中が乱雑になっているもの。

ちなみに、昔からの心の傷を引きずっているような方は、どうしても、その心の傷とマッチしたようなモノを部屋に残しておくようになったりもします。

運がいいときには、それに見合ったものを買うようになるし、運が悪いときは、それに見合ったものを買ってしまうようになります。

本、CD、インテリア、お洋服。モノの種類を問わず、あなたの部屋にやってくるモノは、すべて、例外なく、あなたの内面の反映です。

部屋を変えると、内面が変わる?

よく、「部屋が変わると内面が変わる」という話があります。大きく間違ってはいないのですが、この方法には、ひとつ問題があります。

内面が整っていないままに部屋を変えようとすると、すごくしんどくて、挫折してしまう場合が多いんです。

身に覚えのある方もいらっしゃることと思います。

内面が変わらないうちに、その反映である部屋から変えていこう!というのは、強引な方法になりやすいんですね。片付けたい、けど片付けられない!という時、頭では「片付けなきゃ」と思うんだけど、あなたの内面がそれを許してくれる状態になくて、、、という場合が多いんです。

内面が変わると、部屋は少しずつだけど、自然に変わりだす。

逆に、心がスッキリしてくると、部屋の片付けが急にできるようになります。内面がいい状態なものだから、その状態にマッチしないものを部屋に置いておくことが、いたたまれなくなってくるんですね。

私のところにいらっしゃるクライアントの方に、そろそろかな、、、というタイミングで、いらないものを捨てましょう!と宿題を出すことがあります。内面がスッキリしてきたタイミングで、その気分にマッチしないものを、部屋から追い出してもらうわけです。

どうなるか?例外なく、大量に捨てるものが出ます。ゴミ袋何個とか、クローゼットの服半分、とか。

お部屋を片付けて、内面を整えよう!という努力に比べて、すごくスムーズに、心スッキリ・部屋スッキリ、という状態が実現できるんです。

片付けられない!は、内面を整えることから

余談ですが、私自身も、昔は「片付けられない!」に悩みに悩んだ人間だったのですが、この内面と外面の関係が分かって、まずは自分の内面を整理しよう!と努めるなり、どうしてもできなかった片付けが徐々にできるようになった!という経験の持ち主。実は、セラピーで使っている方法も、そうした経験が土台になっていたりする部分があります。

あなたの内面が変わってないうちに、あなたの外側を変えることは、すごく難しいもの。
片付けられない症候群、といわれる症状も、内面を変えていくことが遠回りなようで最短距離ですし、なによりストレスが少ないものです。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
片付けをやりたくても出来ない!の背景にあるもの、代表3種類。
心と体が整うと、生活もシンプルにしたくなる。
片付けの良いタイミングとは?