うつ

休職期間中におすすめの取り組みは?

当方のセッションには、ストレスによる心身の不調から、休職をされている最中の方もいらっしゃいます。

休職されている方の多くが心配されていることは、大きく分けて二つ。

一つ目は、体調の問題。休職期間中に心身の調子を十分良くすることができるだろうか、、、という心配です。

二つ目は、復職後の問題。復職後に、また同じ種類のストレスに負けて心身の調子が悪くなってしまわないだろうか、、、という心配です。

当事者の方にとってはどちらも切実な問題。可能であれば、復職期間に心身の調子を十分良くして、また復職後もストレスにやられることなく元気で仕事ができるようになるのが理想ですよね。

そこで、今回の記事では、休職中に行うことで、できる限り心身の調子を改善し、また復職後もストレスにやられにくくなるような対策についてご紹介します。

休職中におすすめの取り組み(1) 心身をゆるめること。

ストレスにより調子を崩した身体は、ご自身が自覚しているよりも緊張して固まっており、それに伴って心の状態も「不安・恐怖・怒り」など、ネガティブなモードが当たり前になってしまっているもの。

単に休息を取るだけでは、なかなか緊張がほぐれず、心身の調子が十分良くならないことも多いです。

ご自身に負担のない範囲で(無理は禁物です!)ごく軽いものからで良いので、身体の緊張をほぐれてゆるんでいくような運動をしていくのがおすすめです。身体がゆるんでいくごとに、心の状態も上向きになりますよ。

なかなか心身の調子が良くならず、休職期間が伸びてしまいそうな(あるいは既に伸びてしまっている)方にも、おすすめの対策です。

具体的なメニューですが、負荷が少なめのヨガなど、軽めの運動で、身体が楽になり、呼吸が深く楽になるような運動がおすすめです(当方のセッションでは、身体がゆるみ、呼吸が深くなるためのオリジナル手法をお伝えしています)。

休職中におすすめの取り組み(2) 復職後に、再度ストレスにやられてしまわないための、メンタルトレーニング等の対策

休職期間が終わり復職した後に、再びストレスにやられて心身の調子を崩すことは、誰でも避けたいもの。

ストレスの要因は人間関係(一番多いケースです)や仕事のプレッシャーなど様々。復職後、それらのストレス要因に再度直面する必要がある場合には、それらのストレス要因に直面しても、以前ほど心身が苦しくならないことを目指した、メンタルトレーニング等の対策が非常に有効です。

ストレス要因が人間関係の場合は、苦手な人・あなたを傷つけるような言動をして来る人などとの人間関係において、
・心身の緊張を抑える
・言うべきことを以前よりも言えるようにする
・気負けしないような心身の構えを可能にする
ことなどを目的としたトレーニングが有効です。

また、仕事のプレッシャーが主なストレス要因の場合は、プレッシャーがかかっても、短時間で心身をリラックスさせられるようになるトレーニングが有効になるでしょう。

当方のセッションでは、身体をゆるめることで直接的に心身のコンディション改善を行うメニューや、ストレスに心身がやられにくくするメンタルトレーニングを提供しつつ、ご自身でも心身のコンディションを改善していけるようになるための様々な手法をお伝えしています。せっかくの休職期間を有効に活用して、新しい自分になって復職したい!とお思いの方は、是非一度ご連絡ください。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
「トラウマ・条件反射・身体の関係。」
「身体は感情を記憶する。『身体記憶』のお話」
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?

無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。

当方のセッションには、人間関係(親子関係を含む)のお悩みを抱えて来られる方も多いです。

多くの場合は、ちょっとしたことでキレやすい人、人を傷つけるような発言をあからさまにして来る人など、ある程度わかりやすい形で周囲にストレスを感じさせるような人が問題になるのですが、時として、もう少しわかりづらい形で周囲にストレスを感じさせるような人が問題となることがあります。

どのような人か?と言うと、

・いつも無表情な人
・いつも不機嫌な人

です。

無表情な人、不機嫌な人とコミュニケーションを取ることが、知らず知らずのうちにストレスになる。

多くの人が思うよりも、無表情な人や、不機嫌な人とコミュニケーションを取ることは、
大きなストレスの元となりやすいもの。

何故かと言えば、コミュニケーションを取る時に、潜在的に「気を遣う」ことになりがちだからです。

不機嫌な顔を見て、何か言ったら怒るんじゃないかと思ったり。
リアクションが無表情で、何かマズいことを言ったんじゃ?と不安になったり。
表情を見ていて、何か自分が責められているような気分になってきたり。
少しでも機嫌を損ねないように、発言に気を遣うようになったり。

無意識のうちに、このような状態に陥ってしまうことで、知らず知らずのうちに心身にストレスを抱えることになってしまうことが多いのです。

無表情な人・不機嫌な人とコミュニケーションを取ることが、非常に大きなストレスとなる場合も。

無表情な人・不機嫌な人とコミュニケーションを取ることによるストレスは、あからさまに自分を攻撃して来る人がいる場合などに比べて分かりづらい面があり、ともすれば見過ごされやすいのですが、その人の心身の健康を損ねるレベルで大きなストレスをもたらす場合もあります。

例えば、親子関係の心の傷を抱えた方で、「いつも親が不機嫌で、なんとなく毎日ビクビクしながら過ごしていた」ことによってストレスが長年にわたって蓄積し、それが大きな心の傷となっていったケースもあります。

また、職場で隣の人がいつも沈んだ表情をしていて、それが毎日ストレスになっていた。その人が異動をしたら、すごく心身の調子が良くなった!なんてケースもあります。

無表情な人・不機嫌とコミュニケーションを取ることが、知らず知らずのうちに大きなストレスの蓄積をもたらしうることは、頭の片隅に置いておいたほうが良いでしょう。

無表情な人・いつも不機嫌な人が周囲にいる時の対策3つ。

無表情な人・不機嫌な人が周囲に居る時に、自分がストレスを受けづらくするための対策を、3つほどご紹介します。

この3つを活用しても、無表情な人や不機嫌な人に振り回されがち、ストレスを抱えがち、、、という方は、当方のセッションなど、専門家の助けを借りたほうが良いかもしれません。

1)距離を取る。

最良の選択は、極力距離を取ること。自分にとってストレスになっている人と、コミュニケーションの機会を減らすことは、ストレスの蓄積を減らす上でかなりの効果があります。その人との関係により限界はありますが、接触回数・時間を減らすことは非常に有効です。

2)相手の人の無表情や不機嫌な態度に振り回されないよう心がけること。

相手の人が無表情・不機嫌であることに、あまり振り回されないようにしましょう。その人が無表情・不機嫌であっても、それはあなたのせいではないことがほとんどです(本当です!)。

また、いつも無表情・不機嫌な人に対して、何か場の雰囲気を良くするようなことをやってみたとしても、無表情・不機嫌なリアクションが返ってくるのが関の山。気を遣うわりに徒労に終わることが多いものです。

相手の方が無表情・不機嫌であったとしても、気を遣わないコミュニケーションを取り、自分でストレスを抱え込まないように心がけましょう。

3)コミュニケーションを取った後で、身体の緊張をほどく習慣をつけよう。

無表情・不機嫌な人とコミュニケーションを取っていて、過度に気を使っている時、ストレスを感じている時には、そのサインとして、身体が無意識に緊張してしまうもの。

コミュニケーションを取って、相手の方から離れた後に、身体の緊張をほどくことを習慣付けると、ストレスで緊張した心身をリセットすることができておすすめです。

緊張をほどく際には、深い呼吸が自然とできることを目標にしていくことがおすすめです。胸周り、お腹周り、のど周辺など、呼吸に関わる場所を沢山さすってあげると、呼吸が自然と深くなり、リラックス状態を取り戻しやすいです。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
「トラウマ・条件反射・身体の関係。」
「身体は感情を記憶する。『身体記憶』のお話」
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!

好きな人に対して引け目を感じてしまった時。
大舞台でつい弱気になってしまった時。
苦手な人を怖いと思った時。
人と自分を比べて「自分なんて、、、」と劣等感を感じてしまった時。
大事な仕事の前に「失敗するんじゃないか?」と自信を喪失してしまった時。

自分に自信を持って!弱気にならないで!と言われても、なかなか難しいもの。

でも、自信のなさや、弱気になってしまうクセを解消していくことは、誰にでも可能です。

解決のヒントは身体にあり。今日はそんなお話です。

□ 本当の意味で「自分に自信を持つ」「弱気でなくなる」とはどういうことか?
□ 自信がない時、人は身体が「緊張モード」に入っている。
□ 自信がないモード、弱気なモードに入ってしまう要因は、過去から自分が身に着けてきた心身の無意識の習慣(条件反射)。
□ 自信がない時、弱気な時に、自分の身体のどこが緊張しているか?意識してみることが解決への第一歩。

本当の意味で、「自分に自信を持つ」「弱気でなくなる」とはどういうことか?

本当の意味で「自分に自信を持つ」「弱気でなくなる」というのはどういうことでしょうか。

決して、自分に「私はスゴイ!」「私は出来る!」と必死に言い聞かせて思いこませることではありません。本音の部分では弱気になっていて自信がないのに、それにウソを無理やりつくわけですから、苦しい取り組みになることもしばしばです。よしんばできたとしても長続きさせるのは困難なもの。また、見る人が見れば「カラいばりだな~」とバレてしまったりもします。

ですので、当方では無理やりに自信を持つよう言い聞かせる、、、ということは、あまりおすすめしていません。
※同様に、特定のポーズ(自信がありそうなポーズなど)を取って、心理状態を変えよう!という方法も、やはり無理があります。

本当の弱気でなくなる、自信を持つということは、自然体・等身大のあなたに戻る、ということです。

自信がない、気が引けてしまう、、、というネガティブな思いに振り回されることなく、自然体・等身大の自分で、構えず安らかな気持ちでいろいろな物事や人と向き合えること。

自分の深いところで、本当に自分に自信を持っている人は、自然体・等身大でふるまうものですし、こうした状態であれば、自分に自信があるかどうか?ということ自体をそもそも気にしません(もちろんこれをお読みのあなたにも、そうなれる可能性は十分あります!)。

自分がどんな人であり、どんな物事や人と向き合うかに関係なく自然体でいられる。こうした方向を目指したほうが、カラいばりで頑張るよりもラクですし、本当の意味で自分に自信を持ち、自分を認めることにつながる、、、当方では、そう考えています。

自信がない時、人は身体が「緊張モード」に入っている。

自信がない、弱気、引け目を感じてしまう。こんな気分になった時、人は必ず、自然にしている時の自分に比べ、身体が大なり小なり緊張モードに入っています。無意識に起こる緊張のため、ご本人が気づかないことも多いものです。

前かがみ・うつむき加減・猫背になったり、胸やお腹をつぶして呼吸が浅くなったり、首をつい緊張させてすくめてしまったり。いろいろなパターンがあります。ざっくり言ってしまうと、身体が縮む方向で緊張することがほとんどです。普段は気づかなくても、いざ一度気づいたりすると、あまりのキツさに驚くほどの緊張をしてしまっていた!という場合も決して珍しくはありません。

あなたの記憶に残っている「自信のなさそうな人」を想像して頂くと、必ず身体が縮こまっていますよね。それと同様、あなたが弱気になったり自信が持てないでいる時も、身体が緊張しているものなのです。また、これらの緊張が習慣化している場合、その場所にそれなりに強いコリ・ハリがあるのが普通です。

また、いつも弱気で自信がない人!という方の中には、身体の緊張・コリ・ハリが強く、上に書いたような姿勢が年中当たり前になってしまっているケースも。心身が常時「自分に自信がないモード」で固まってしまっているというケースと言えます。

先に触れた、「自分はできる!」と言い聞かせる方法や、特定のポーズ(いかにも自信がありそうなポーズなど)を取ることで自信を持とうとすることは、この緊張をそのままにしておきながら、無理やり自分を鼓舞してしまう方法。苦しさがあるところに無理を重ねる方法であるため、あまりおすすめできないのです。

自信がないモード、弱気なモードに入ってしまう要因は、過去から自分が身に着けてきた心身の無意識の習慣(条件反射)。

人間誰しも、どういうわけか自信が持てない、弱気になってしまうことはあるものですが、なぜ「どういうわけか自信がなくなってしまう」のでしょうか。

これは、過去に経験したことが要因で、特定の状況で心身を緊張させてしまうことが無意識のうちに習慣化されてしまい、条件反射が作られてしまったことによります。

典型的な例としては、以下のようなものが挙げられるでしょう。

・何をやってもダメ出し、批判ばかりしてくる両親と幼少期~学生時代を過ごした。緊張を強いられる環境で生活してきたため、どこで誰と何をやるにも「何をやってもダメ出し・批判をされるのではないか?」と、何をするにも恐怖・不安がつきまとうようになってしまった。
・スポーツなどで失敗して周囲から笑われてしまい、すごく恥ずかしい思いで身をすぼめた。それ以降もその笑われた記憶が無意識下で再生されてしまうことで「また笑われるのではないか、、、」と毎度緊張してしまうようになった。
・勇気を出して好きな人に告白したら、すごく冷たい態度で断られ、身体がショックでフリーズするような緊張をしてしまった。以降、その時にできた緊張が恋愛のこととなると無意識下で再生されるようになり、恋愛にどうしても消極的になってしまった。

自信がない時、弱気な時に、自分の身体の緊張を意識することが解決への第一歩。

弱気がない、自信がない!という状態を作り出してしまうような身体の緊張グセをほどいて、自然体・等身大に戻る。これが、無理やりではない形で、弱気や自信のなさを解消していく道です。

弱気な時、自信がない時に、身体のどこが緊張しているか?に意識を向けてみるのが、自分を自然体に戻し、本当の意味での自信を持つための最初の一歩となります。

もしも緊張している場所を見つけたらしめたもの。そこを積極的にほどいてあげるようにつとめましょう。一般の方でも出来る方法としては、緊張しているところをひたすらさすってあげるのが有効です。軽い緊張であれば、これだけでも弱気・自信がない!を引き起こすモードから、自然体モードに戻ることができたりもしますのでおすすめですよ。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
「トラウマ・条件反射・身体の関係。」
「身体は感情を記憶する。『身体記憶』のお話」
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。

うつ・人間関係の問題・性格の問題などなど問題の種類にかかわらず、セラピーを進めていくと、クライアントの方が解決したい問題の底に子供の頃の親との関係が関わっていた、、、というケースは非常に多いです(当方ではだいたい全体の7割を超えるくらい)。

それほどまでに、子供の頃の親との関係は、その人のあり方に大きな影響を与えるもの。

子供の頃の親との関係が、人の人生に大きな影響を与えることは良く説かれています。機能不全家族、アダルトチルドレン(アダルトサバイバー)、「毒になる親」などの単語が一般の方にも知られているような状況ではありますが、セラピーの件数を重ねるごとに、私自身そうしたケースに予想以上に多く触れることとなり、改めてその影響の大きさに驚く日々を過ごしています。

子供の頃の親との関係、どのような形で影響をもたらす?

子供の頃の親との関係が、その人に影響を与えていたことがセラピーを通じて分かってきた!という例を2つほど挙げてみます。
(当方がセラピーでサポートさせて頂いた実際のケースを参考にモデルケースを作成しました)

例1: 仕事でとにかくミスをするのが怖くてしょうがない、、、という問題を解きほぐしていったら、勉強上のミスなどを含め、間違いに対してとにかく厳しいご両親に育てられていたことを思い出した。

例2: 人に対してあまりに気を使いすぎてしまい、毎日疲れてしまっている、、、という問題を解きほぐしていったら、機嫌の良し悪し、浮き沈みが激しい親に対して、いつも気を遣いながら接していたことを思い出した。

親子間のコミュニケーションの形がその後に影響を与えていた!という、一番典型的で、また頻繁に見られる例です。親子関係がもたらしたトラウマが影響していた例、とも言えるでしょう。

こうした直接的なコミュニケーションが影響を与える以外に、ご両親のあり方自体が影響をもたらすケースも存在します。ご両親の仲が良く無かった、ご両親のお金に関するこだわりが非常に強く、子供ながらに強く違和感を感じることが多かった、、、などが例として挙げられます。

当時身につけた心と体の習慣を解消していくことで、問題が改善に向かう。

このような、子供の頃の親との関係が影響を与えている(と推測される)ケースの場合には、当時身につけてしまった望ましくない心と体の習慣・トラウマを解消していくことで、現在問題となっていることが改善に向かうことが多いです。先に述べた例で言えば、一つ目の例の場合は、ミスに対する恐怖心が大幅に軽減される、二つ目の例の場合は、人の顔色を過度に伺わなくなる、など)

もちろん、クライアントの方の中には、「ひょっとしたら、子供の頃の親との関係が、今の自分のあり方にかなり影響しているのかな、、、」という推測を持った上で来られる方もいらっしゃるのですが、当時の親との関係に問題を感じていなかったような方でも、何故だか自然と親との関係が思い出され、それが思いのほか今の自分に大きな影響を与えていることに気づいて驚かれる、、、というケースもしばしばです。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
「トラウマ・条件反射・身体の関係。」
「身体は感情を記憶する。『身体記憶』のお話」
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

うつ症状に悩まれている方の共通点は、身体の緊張。

さまざまなうつ症状でお困りの方も、当方のセッションにはよくいらっしゃいます。

気分の激しい落ち込みに悩む方、不眠でお悩みの方、全くやる気が出ない方、疲労が全く抜けない方など、状況はさまざまです。

この記事では、主にうつ症状にお悩みの方が、元気なコンディションを取り戻すためのヒントについて書いてみます。

うつ症状で悩まれている方に共通点する、身体の緊張とその影響。

当方のセッションに来られる、うつ症状にお悩みの方には一つだけ必ず共通している点があります。

それは、身体がストレス・恐怖・不安などにより無意識のうちに強く緊張してしまっており、またその緊張が慢性的に継続してしまっていることです。

日常生活・仕事・人間関係・過去の出来事によるトラウマなど、人により原因は異なりますが、うつ症状に悩まれている方は例外なく、ストレス・恐怖・不安に心身が強く影響されて、無意識のうちに身体が緊張し、またそれが(一日の中で程度の差はあるものの)ある程度慢性的に継続してしまっています。無意識の緊張だけにご本人が自覚をしていらっしゃらないことが多いです。

ストレス・恐怖・不安が引き起こす身体の緊張は、典型的には以下のようなものがあげられます。うつ症状に悩まれる方の場合は、個人差はあれど、上記のうち複数~全てが当てはまることがほとんどです。

1)肩・首・胸・お腹・背中など、体幹部が強く緊張している(コリ・ハリ・痛みを伴う場合もあります)。
2)呼吸周りの筋肉が緊張し、呼吸が非常に浅くなっている。
3)心臓周辺が強く緊張し、心拍数が上がりやすくなっている(動悸などを伴う場合もあります)
4)目の周りが緊張している(目の周りが緊張していると、リラックスした状態や冷静な心でいることが難しくなります)

これらの緊張が継続してしまうことが心身にもたらす悪影響は、一般の方が想像するよりも、はるかに大きなものです。

まず、体力がどんどん削られてしまいます(疲れ果てて何もやる気が起きなくなる大きな要因です)。そして、緊張により質の良い睡眠も取りづらくなります(不眠の要因)。さらに、こうした状態だとどうしても考えることがネガティブな方向に向かいがちで、それが恐怖感・不安感を掻き立て、心身のコンディションをさらに悪化させる要因になる、、、という悪循環も起こしがちです。このように、無意識の緊張は、疲れ果ててやる気が起きない・眠れない・落ち込み気分や不安感が抜けないなどの、うつ症状を引き起こしやすいものなのです。

そして、ストレス・恐怖・不安による緊張は、ちょっとリラックスを心がけたり、気晴らしをしただけでは解消されないことも非常に多く、身体が緊張したままでなかなかそこから抜け出せない、、、ということも多いです。

うつ症状に悩む方は、ほぼ例外なく、この「無意識の緊張状態からなかなか抜け出せない」状況に大なり小なり陥っていることがその背景にあると言って良いでしょう。

うつ症状の解消は、身体の緊張をほどいてあげることから。

逆に、ストレス・恐怖・不安が引き起こす緊張をほどいていくと、うつ症状が着実に改善していくことが多いです。精神的ストレスなどによる無意識の緊張をほどいてあげるワークや、これまで続いてきた緊張によりできてしまった身体のコリ・ハリをほぐすワークを丁寧に行うことが有効です。身体がリラックスして楽になって来ると、それに付随して、恐怖感・不安感なども次第に軽くなりますし、より良い睡眠をとりやすくなったり、身体の調子が全体的に改善され疲れにくくなったりと、さまざまな効果が出てきます(当方では、初回セッションから改善を実感される方も多いです)

うつ症状の背景にある身体の緊張は、重いものであるケースも多いため、基本的には当方のセッションをはじめ、専門家の方のサポートをお早めにご利用されることをおすすめしていますが、それでも自分でも何か対策を取りたい!という方のために、あくまで補助的な位置づけですが、対策をご紹介します。

その対策は、「呼吸を意識しながら、胸・おなか周り(呼吸にかかわる部位)を中心に、頭から足先まで、全身をたくさん、たくさんさすってあげる」というものです。さすっていて心地よい程度の力加減で、じっくり、時間をかけてさすってあげてください。

最初は胸・お腹などをたくさん、たくさんさすって、楽に深く呼吸ができるような状態を少しでも作ってから、その後で他の緊張している部位をたくさんさすってあげるのが、効果を上げやすいでしょう。緊張している場所やコリ・張りの強い場所は、重点的にさすってあげるのがおすすめです。

身体をさすることには、多くの方が想像するよりも高いリラクゼーション効果があります。胸周りの緊張がほどけ、自然と呼吸が深くゆったりして来るまで行うことで、落ち着いた気分や、リラックスした感覚をある程度取り戻せて来たりする場合があります。一度試していただいて、もしも少しでも改善が見られるようでしたら、毎日行ってみると良いでしょう。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
身体は感情を記憶する。「身体記憶」のお話。
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。

パワーハラスメント(以下パワハラ)やモラル・ハラスメント(以下モラハラ)を継続的に受け、そのストレスによってうつ状態に陥った方も、当方のセッションにはよくいらっしゃいます。

在職中の方、すでに退職・休職をされている方、不眠でお悩みの方、体力が枯渇してしまっている方、気分の激しい落ち込みに悩む方、肩・首など、身体の痛みが出ている方など、状況はさまざまです。

この記事では、パワハラ・モラハラによって引き起こされた、うつ症状やその他の心身の不調にお悩みの方が、元気なコンディションを取り戻すためのヒントについて書いてみます。

※なお、当方でも、パワハラ・モラハラを受けて激しいストレスに苦しんでいる方には、休職・配置転換の依頼などを職場などで行われることをおすすめすることは多いです。心身のコンディションを整えることと並行して、ストレスの元であるパワハラ・モラハラから離れるための対策を取っていくのが、状況を改善していくにはベストです。

パワハラ・モラハラで心身のコンディションを崩されている方の共通点。

当方のセッションに来られる方の環境・症状は本当に様々なのですが、実は、パワハラ・モラハラによるうつ症状などに苦しんでいる方には一つだけ共通点があります。

それは、心身が「恐怖・不安モード」にはまってしまい、そこから抜けられなくなっていることです。

パワハラ・モラハラで起こりやすい「恐怖・不安モード」の継続。

便宜上「恐怖・不安モード」と書きましたが、これは、「恐怖・不安により身体が激しく緊張してしまっている状態」を指します。恐怖・不安に心身が支配されて、無意識のうちに強く緊張してしまっているんですね(無意識の緊張だけに気づかないことも多いです)。また、緊張している部位に、コリ・ハリ・痛みが発生していることも多いです。
個人差はあれど、以下の3種類の緊張が、当方のセッションに来られるほとんどの方には見られます。

1)肩・首・胸・お腹など、体幹部が強く緊張している。
2)呼吸周りの筋肉が緊張し、呼吸が非常に浅くなっている。
3)目の周りが緊張している(目の周りが緊張していると、リラックスした状態や冷静な心でいることが難しくなります)

パワハラ・モラハラによる緊張は、他の心身の緊張に比べ強いものであることが多いです。

パワハラ・モラハラの場合、激しい叱責や嫌味を浴びせられたり、不機嫌な態度を取られることなどが日々繰り返されます。そんな環境で過ごしていると、職場で過ごしている間中、「またイヤミな態度を取られるのではないか」「また罵倒されるのではないか」と、恐怖や不安感に苛まれることになってしまいがちです。結果として、パワハラを受けている瞬間も、そうでない時も、「恐怖・不安により心身が緊張してしまっているモード」=「恐怖・不安モード」が(仕事が終わって帰宅した後でも)ずっと継続するようになりやすいのです。

すでに職場を離れて休職・退職をされている方の場合でも、なかなかその「恐怖・不安モード」から抜けられずに、心身のうつ状態が継続したまま、、、というケースもあります。

そして、この「恐怖・不安モード」は、常時緊張して、呼吸が浅いままでいるわけですから、相当に心身が消耗します。体力はどんどん削られていきますし、緊張により質の良い睡眠も取りづらくなります。さらに、こうした状態だとどうしても考えることがネガティブな方向に向かいがちで、それが恐怖感・不安感を掻き立てたり、心身のコンディションをさらに悪化させる要因になる、、、という悪循環も起こしがちです。パワハラ・モラハラが、大きく心身のコンディションを損ねる背景は、このようなメカニズムがあります。

「恐怖・不安モード」から抜けるには、身体をまずリラックスさせること。

では、こうした「恐怖・不安モード」から抜けるにはどうするかですが、これは「身体をまずリラックスさせること」に尽きます。心身のコンディションが崩れている時には、何はともあれまず身体のコンディションを整えることが先決です。身体がリラックスして楽になって来ると、それに付随して、恐怖感・不安感なども次第に軽くなります。ポジティブ思考や考え方の工夫などで心に働きかけるより、身体に働きかけるほうが着実に効果を出しやすいです。

パワハラ・モラハラによる緊張やうつ症状は、重いものであるケースも多いため、基本的には当方のセッションをはじめ、専門家の方のサポートをお早めにご利用されることをおすすめしていますが、それでも自分で少しでも対策を取りたい!という方のために、一つだけ対策をご紹介します。

その対策は、「呼吸を意識しながら、胸・おなか周り(呼吸にかかわる部位)を中心に、頭から足先まで、全身をたくさん、たくさんさすってあげる」というものです。さすっていて心地よい程度の力加減で、じっくり、時間をかけてさすってあげてください。

最初は胸・お腹などをたくさん、たくさんさすって、楽に深く呼吸ができるような状態を少しでも作ってから、その後で他の緊張している部位をたくさんさすってあげるのが、効果を上げやすいでしょう。緊張している場所やコリ・張りの強い場所は、重点的にさすってあげるのがおすすめです。

身体をさすることには、多くの方が想像するよりも高いリラクゼーション効果があります。胸周りの緊張がほどけ、自然と呼吸が深くゆったりして来るまで行うことで、落ち着いた気分や、リラックスした感覚を多少なりとも取り戻せて来たりする場合があります。一度試していただいて、もしも少しでも改善が見られるようでしたら、毎日行ってみると良いでしょう。(もちろん、それと並行して、休職・配置転換など、ストレスの元であるパワハラ・モラハラから遠ざかるための対策は別途取ることが望ましいです)

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
うつ症状に悩まれている方の共通点は、身体の緊張。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
身体は感情を記憶する。「身体記憶」のお話。
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

セドナメソッド、ホ・オポノポノ、内観法、瞑想など、「向き合い系メソッド」の本当の狙い。

一般の方が、自分で自分の心の状態を軽くしていき、精神的な制限を外していくためにできる取り組みとして、セドナメソッド、ホ・オポノポノ、瞑想、内観法、などなど、様々なメソッドが本やネットなどで紹介されています。

これら各種のメソッドは、自分の内的な状態と向き合うことで変化を期待する、という共通点があるため、大きなくくりで「向き合い系」のメソッド、と私自身は呼んでいます。(カウンセラーなどが扱う曝露療法などもこの「向き合い系」のカテゴリーに入れることができます)

これら「向き合い系」のメソッドは、様々な種類があるだけに、1種類くらいは試してみたよ!という方もそこそこいらっしゃるようなのですが、実際のところ、それで心が軽くなるか?というと、上手く行ったり行かなかったりということがほとんどのようです。

なぜそういうことになってしまうのかというと、これらメソッドが上手くいく条件があるのですが、それがあまり理解されていないことが理由のひとつになっているようです。

ではこうしたメソッドが上手くいく条件って、いったいどんなものなのでしょうか?

「向き合い系」のメソッドは、そのメソッドを通じて身体がゆるみラクになった時だけ効果を発揮する。

「向き合い系」のメソッドがどうして効果を発揮するのか?というと、これらのメソッドを行うと、身体がゆるみラクになる「ことがある」のです。正確には「過去から心身に抱えてきた記憶・感情に関係した身体のコリ・ハリがほぐれて、心身がラクになる」ことがあるのです。

言い換えれば、「向き合い系」のメソッドは、心・精神の問題に対面した時の身体のありようを「間接的に」変えることを狙っている、とも言えます。

身体がほぐれてゆるみ、ラクになってくれば、その分だけ必ず心・精神にもゆとりが出てきます。その分感情に振り回されなくなったり、落ち着いた気分を取り戻せたり、新しいアイデアが出て来やすくなったりもするわけです。
※それを超えて、いわゆる「タナボタ的な問題の解決」が何故か起こったりすることも時としてあります。

身体に意識を向けながらこうしたメソッドを実際にやって頂くと分かりやすいのですが、上手くできた場合は、必ず身体が大なり小なりゆるんでラクになっているものです。上手くハマった時には、単に身体のムダな力みが抜けたりするだけでなく、その奥にある身体のコリ・ハリ・組織の癒着もある程度ほどけたりします。

逆に上手く行かない時は、そうした 身体の変化が全く起こっていないか、あるいは変化が非常に少ない(最悪の場合は、かえって身体が硬く緊張してしまっていることも!)。

瞑想でも、内観法でも、セドナメソッドでも、ホ・オポノポノでも、それをやっている最中に身体がゆるんでラクになれば心もラクになるし、そうでなければ大して意味はない、という関連があると言えます。

別の方向から言えば、身体がゆるんでラクになる変化が出るのであれば、メソッドの種類は何でも良い、、、というのが実情です。

先に「上手く行ったり行かなかったりが実情」と書きました。その背景では、この「身体がゆるんでラクになれば、メソッドは何でも良い」というポイントをおさえないで取り組みをするがために、上手く行っているかどうか分からないままに迷走をしてしまう、、、ということが起こっているように私は思っています。

更に追加するなら、これら「向き合い系」のメソッドは、あくまで「間接的に」身体をゆるめてラクにすることを狙う方法ですから、身体の状況によってはほとんど効果が出ないことも。これも「上手く行ったり行かなかったり」のもう一つの要因として働きます。

最初から「身体がゆるんでラクになる」ことを狙うのが一番の近道!

私自身は、「どうせ身体がゆるんでラクにならないと意味がないなら、最初から身体に働きかけちゃうのが良い」という考えです。心・精神の問題にまつわる緊張・コリ・歪みなどを直接解消するほうが、実際手っ取り早いですしより大きな効果も出やすいです。それに、身体の状況によっては「間接的」なメソッドだけに頼ってたらいくら時間があっても足りないよ!ということも多いんです。直接的に働きかけることができるなら、それが一番近道です。

ですので、当方で提供させて頂いている「向き合い系」のワークは、セッションで行うものも、自宅で行なって頂くものも、身体に直接働きかける要素が必ず入っています。おかげ様でクライアントの方々からは好評を頂いています。

「向き合い系」のメソッドで上手くいかない!という方は、当方のセッションに来られてみると、得られるものは多いのではないかと、僭越ながら思っています。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
「トラウマ・条件反射・身体の関係。」
「身体は感情を記憶する。『身体記憶』のお話」
手放すとか、クリアリングするって、具体的にどういうこと?
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
体の「コリ」に蓄積される感情
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。

怒りっぽい、イライラしやすい。

「怒らないようにしよう」「イライラして疲れるのはやめよう」「嫌な態度を出さないようにしよう」と心がけても、なかなか難しいですよね。

でも、解決の糸口はちゃんとあります。今回の記事のテーマは、「怒りっぽい・イライラしやすい」を改善するヒントです。

怒りっぽい人、イライラしやすい人の共通点とは?

怒りっぽい人、イライラしやすい人に共通している要素がひとつあります。

それは、「ちょっとしたことで身体が無意識に緊張しやすい」ということ。

これまで生きてくる過程で、そうした条件反射が(たまたま)身についてしまっている、というのが怒りっぽい方・イライラしやすい方に共通する要素です。(原因・経緯は様々。子供時代からそうした条件反射が始まっている場合も多いです)

怒り・イライラには、必ず身体の緊張が伴う。

他の方が怒っていたり、イライラしていたりする時を想像して頂くと分かりやすいと思うのですが、人は怒ったりイライラしている時には、必ず身体が緊張します。怒り・イライラが出ているときは、自分で自分のことを観察しているどころではないのが普通ですから、これらの緊張は自覚できない場合も多いです。

例えば、、、

・顔をしかめる
・肩にぐっと力が入る
・あご・のどを締める
・こめかみや目にしわを寄せる
・胸やお腹をぐっと固めて呼吸を浅くする
・こぶしを強めに握る
・視野が狭くなり目の前のことしか見えなくなる

といったものが、典型的な「怒り・イライラの反応」です。人が怒っている時、イライラしている時は、必ず身体が上記のような緊張を起こしていますし、逆から言えば、怒りっぽい方というのはこうした反応が条件反射的に出やすい人のこと、と言うこともできます。(感情と身体はかならず表裏一体・セットになっており、感情が身体の状態を変え、身体の状態が感情を動かし、、、という鶏と卵のような関係にあります)

こうした怒りの反応を、「怒らないように」「嫌な顔をしないように」などの心がけなどで抑えるのは難しいケースが多いのが実情です。怒り・イライラって、反射的に出るもので、いざ一度出てしまったらコントロールが利きづらくなりやすいのですね。

怒りっぽい・イライラしやすい性格は、身体から解消していこう。

反射的に出てしまって、一度出てしまったらコントロールが難しいのが怒り・イライラの厄介なところです。ですが、それをコントロールする方法はあります。それが、「身体からのアプローチで怒り・イライラを軽減していこう」というものです。

人間の身体は便利なもので、身体の緊張を徹底的にほどいて、一定以上深いリラックス状態を作っていくと、怒り・不安・恐怖といったネガティブな感情も薄れるような仕組みがあります。怒ったりイライラした時には、この仕組みを活用して、緊張する身体の部位を丁寧にリラックスさせていくと、怒りやイライラを軽減できたりもします。また、継続的にこうした取り組みを行うことは、怒りっぽい・イライラしやすいという全体的な傾向を改善していくことにもつながります。

当方のセッションでは、身体が緊張してしまうような条件反射を徹底して解消し、リラックス状態を作っていくことを通じて、怒りっぽい・イライラしやすい、というお悩みを解消していくこともサポートしています。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
うつ症状に悩まれている方の共通点は、身体の緊張。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
身体は感情を記憶する。「身体記憶」のお話。
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

身体は感情を記憶する。「身体記憶」のお話。

以前の記事、「心身が芯からラクになる!『テニスボール健康法』のススメ」 では、テニスボール健康法の効果の一つとして、

身体に「コリ・ハリ」という形で溜まった感情的ストレスを開放していくことができる。

ということを書かせていただきました。今日は、この「感情的ストレスの開放」についての解説です。

身体は感情を記憶する?「身体記憶」という考え方。

ボディーワークの分野では、「身体記憶」という言葉が使われることがあります。脳だけでなく、身体にも、過去の記憶や感情が宿るという考え方です。そして、身体の中でも、とりわけ筋膜(結合組織)とこの「身体記憶」には深い関係があります。恐怖・不安・怒りなどのネガティブな感情は、筋膜の癒着=コリ・ハリという形を取って、身体にとどまる(=身体記憶)ことが多く、そしてその感情がいつでも精神的なノイズとして自分の中に影響を与えたりするのです。

典型的な例としては、人間関係でのストレスが特に強い時期が何ヶ月か継続した後、そのストレスからは開放されたのだけど、それ以降は心身がもやもやしたままで、ネガティブなことを考えることも多くなり、うつ病ではないかと心配になって来た、、、なんていうケースが挙げられます。こうしたケースの場合は、知らず知らずのうちに、身体のコリ・ハリという形でネガティブな感情が身体に記憶されていることを疑ったほうが良いでしょう。もちろん人間関係に限らず、お金、仕事、恋愛・結婚のストレスなど、こうした現象が起こる分野は非常に多岐にわたります。

身体記憶に関わるコリ・ハリを軽減すると、心身が芯からスッキリします。

このような、一見心の問題と思える現象に身体記憶が関わっているケースでは、厄介なことに、「ポジティブ思考」「考え方の工夫」といった手法は意味をほとんど為さないことが多いです(かえってデメリットのほうが多いケースもあります)。また、お薬・サプリメント・食生活改善なども、その効果は限定的なものにとどまりがちです。もともとの要因となっている、身体記憶に関わるコリ・ハリを軽減・解消して行かないと、なかなか心身が芯からスッキリしてくれないのですね。

逆に、心の問題を解決すべく、他の手法をいろいろ試してもいまひとつだった、、、という方々が、身体記憶に関わるコリ・ハリを軽減して行くことで、心身が芯からスッキリしていく、というケースは少なくありません。「身体記憶」は、それほどまでに人の心身のコンディションに大きな影響を与えてしまうもの、、、ということです。

ネガティブな感情を伴う「身体記憶」が開放されるときに起こること。

当方では、ネガティブな感情を伴う「身体記憶」を軽減・解消するワークをよく提供させて頂いていますが、その時に頻繁に起こることがあります。

それは、不安、恐怖感、怒り(イライラ)などの、身体記憶となっていた感情が表に浮き上がってきて、その後次第に軽くなっていくこと。あたかも、ギリシャ神話の「パンドラの箱」のストーリーのごとく、閉じ込められていた感情が顕わになるんですね。最初は驚く方もいらっしゃいますが、その後は心身がかなり軽くなった状態でお帰りになる方が多いです。必要となるセッション回数はケースにより幅がありますが、考え方の工夫や、ムリヤリなポジティブ思考などに頼らず、着実に効果を積み上げていくことができるため、私自身も重宝しているオススメのワークです。
(特に重いネガティブ感情を伴うケースでは、安全に配慮し、心身の負担になりにくい形でワークを行わせて頂いています。)

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
うつ症状に悩まれている方の共通点は、身体の緊張。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
「怒りっぽい・イライラしやすい」は、身体から改善しよう。
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

「先送りグセ」は、身体と密接な関係がある?

「やらなきゃいけないことは分かってるけど、どうしても先送りしてしまうんです。。。」

いわゆる「先送りグセ」は、当方でもお伺いすることが多いお悩みの一つです。

日常の些細な事柄や、たいしたことがない仕事だったりしても、やらなきゃ、やらなきゃ、、、と思いながら、どうしても体が動かない!ということでお困りの方も多いかと思います。

手帳にToDoリストをまとめてみたり、その「やらなきゃいけないコト」にポジティブな意味づけをしてみたり、「自分へのご褒美」を用意して自分を振るい立たせてみたり。いろいろな対策がありますが、こうした対策を取っても動けないものは動けないし、できるにはできるんだけど、なんだかものすごく苦しい。。。なんてことも多いのではないでしょうか。

非常に厄介な「先送りグセ」ですが、実は、こうしたお悩みのほとんどに当てはまる共通点がひとつあります。

先送りグセが起こるときは、身体が固まっていることがほとんど!

その共通点は、シンプルと言えばシンプルなもの。

先送りグセが起こる時って、身体が瞬間的に緊張で固まってしまっていることがほとんどなのです。

その直前にどんなに心身がリラックスしていたとしても、目の前にその「やらなきゃいけないコト」が現れた瞬間に、身体が緊張で固まってしまうんです。

なぜそうした緊張が生まれるのかというと、これは今までその方が生きてきた上で、そうした心身の条件反応(プログラム)がたまたま出来上がってしまった、、、という背景があります。

そして、こうした心身の条件反応による緊張って、多くの場合は本人にとって当たり前のものになっていますから、自分が緊張している!ということに全く気付かないことも非常に多いです。

結果として、自分が緊張で固まってしまっていることに顕在的には気付かないのだけれど、身体は思い切り不快感を感じていて、その目の前にある「やらなきゃいけないコト」から離れたがってしまう、、、ということになってしまうんです。

この緊張を放置したままで、先に上げたような対策をいろいろやっても、結局徒労に終わりがちだったり、先送りはせずにすんだけれども、どっと身体が疲れてしまったり。結局、身体を上手く手なづけないと、スイスイと事が進むということにはなりづらいのですね。

先送りグセにやられそうな時、自分の身体感覚に注意を向けてみよう

現在、この先送りグセで困っている、、、という方は、まずは先送りグセが起こった時に、自分の身体に意識を向け、自分が緊張しているのではないか?チェックしてみましょう。

上手く自分の身体感覚に意識を向けられた時には、ひょっとするとその緊張の強さに驚くかもしれません。
※ちなみに、身体感覚に意識を向けても、良くわからない、、、という場合が時としてあります。こういう時は、身体を自ら左右にゆすってみたり、手・足・首などをいろいろ動かそうとしてみると、気づきにくい緊張にも気づきやすくなります。

こうした緊張に気づいたらシメたもの。緊張しているところをマッサージするもよし、身体を動かしてほぐすもよし。とにかく緊張をほぐしていきましょう。上手く行くときは、これだけで先送りグセが少し弱くなり、やらなきゃいけないコトにスッと手を付けられるようになったりもします。

もちろん、こうした緊張の中には、自分だけで解消するのが難しいものもしばしばあり、こうした場合には施術などで身体をゆるめていくことが近道になることもあります。自分でチャレンジしたけど今ひとつ、、、という方は、当方はじめ専門家によるセッションを活用されることをオススメします。
※当方の場合は、対面セッション・電話セッションの両方で対応可能です。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
トラウマ・条件反射・身体の関係。
「身体は感情を記憶する。『身体記憶』のお話」
心身が芯からラクになる!「テニスボール健康法」のススメ。
筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。