iPhoneを活用したストレスマネジメント、6つの方法。

昨年末から、iPhoneを使っています。やっぱり便利で、従来型の携帯にはもう戻れないような気がしています。

そのiPhoneですが、「いつでもどこでも使える心と体のストレスマネジメントツール」としての使い方もできるんです。そこで今日は、iPhoneを活用したシンプルなストレスマネジメントの方法を、6つほどご紹介します。

1.日常の気づきを、何でもメモしてみよう。

自分の頭の中にある情報を、一度外側に出して目や耳から入力することには、頭の中を整理し、クリアにする効果があります。なんでもメモにしてみるというのは、シンプルでありながら効果が出やすいストレスマネジメント方法の一つです。

コツは、
大したことでもなくても記録してみる
ネガティブなことも、ポジティブなことも、フタをせずに書くこと
の2つ。これが面白かった、これでイヤな思いをしたなどなど、アイデアとは呼べないようなものや、ツイッターに書き込むのも抵抗があるようなことも含め、いろいろとメモをしていきましょう。継続していくことで、ストレスを軽減してくれる効果があります。

メモに使える代表的なアプリとしては、Evernoteが挙げられるでしょう。沢山のライフハッカーの中で定番のアプリです。

2.日記をつけてみよう。

日記をつけることも、前項と同じく「自分の頭の中にある情報を書き出し、外から眺める」という行為によるストレスマネジメント効果があります。ストレスに押しつぶされそうなときには、自分の思いを特につぶさに書いてみると、かなり心と体がスッキリすることでしょう。

文章として整っていなくてもストレス軽減の効果はありますし、アプリの中にはパスワードによるロック機能が付いているものもありますので、ロックをかけておけば、中身を人に見られる心配もありません。

私自身は、Momentoというアプリを使っています。有料アプリで、ユーザーインターフェースは英語ですが、パスワードによるロック機能もちゃんと付いていますし、画面のデザインもキレイ。使っていて心地が良いアプリです。

3.瞑想タイマーを使って瞑想してみよう。

瞑想は、古くから伝わる非常に優れたストレスマネジメント手法のひとつ。1日15分程度の間、姿勢を但して座り目を閉じる。そして、頭の中に流れる雑念をただただ見つめていく。これだけでも効果があります。継続していくと、日に日に心と体がクリアになっていくことが実感できるでしょう。

iPhoneのアプリには、瞑想のための様々なタイマーがあります。私自身のオススメは
lingon i korg のアプリ、Meditation Timer。こちらも有料アプリですが、設定時間が変更可能なタイマーだけのシンプルなつくりで、特定の宗教に偏ってもいないところが気に入っています。

瞑想に慣れていない方は、5分間の瞑想でも長く感じることがありますので、そういう場合は1日5分にタイマーをセットしましょう。慣れてきたら1日15分に向けて、少しずつ時間を伸ばしていくのがおすすめです。

4. あなたの内側から最高のコンディションを呼び覚ます曲を聴きながら出かけてみよう。

大好きな彼女の顔を思い出すだけで元気が出る。飲み会の途中に、仕事の懸案事項を思い出してつい気分が滅入る。日常でありふれたこうした現象は、「アンカー・トリガー」という言葉で説明ができます。例えば、大好きな彼女の顔を思い出すことがトリガーなら、元気が出るのがアンカー。ある記憶が、それに結びついている気分・心と体の状態を呼び起こすという仕組みが、常に人間には働いています。

このアンカー・トリガーという仕組みはうまく活用すると、あなたのコンディションを良い状態に保つ上で、大きなサポートになってくれます。

過去にあった本当に嬉しかった出来事など、気分を良くしてくれる思い出を探し、その思い出にまつわる音楽を聴く。これも、このアンカー・トリガーを活用したコンディション管理の方法です。当時のお気に入りの曲をかけて通勤電車に乗ったりしてみると、いつもよりちょっと良い気分で職場にたどり着くことができることでしょう。

5. 壁紙にお守りを作ろう。

壁紙にあなたの気分を上向きにさせてくれるような写真を設定しておくのも、前項のアンカー・トリガーの仕組みを活用したコンディション管理としておすすめです。家族・恋人などの写真は定番と言えるでしょう。もちろん、家族や恋人の写真を見ると気が滅入る!という方は、何か他の写真を(笑) 

6. 電源を落として一日を過ごす。

たまには、電源を落として、一日を過ごしてみましょう。iPhone経由で目に入ってくるツイート、フィード、ニュースなど、際限なく押し寄せてくる情報から時々距離を置くことも、この時代のストレスマネジメントでは大切です。

いかがでしたでしょうか(笑)。気にいっていただけた方法があれば、一つでもご活用いただければ幸いです。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
瞑想のオススメ本。
持ち物と心の、深~い関係。

コメントはまだありません »

コメントをお寄せください(管理者承認の後に公開されます)。

コメントの投稿