セラピーやカウンセリング、効果を判断する期間の目安は?

心・人生の問題解決に関するセラピー・カウンセリング系のサービスって、いろいろ種類・流派がありますよね。もちろん、どんな種類のサービスを選択しても、問題が解決すればいい!と言えるのですが、実際にこうしたサービスを活用しても、なかなか問題が解決に向かわない、なんていうケースもあるわけです。

でも、大切な時間やお金を使うわけですから、

「問題が解決に向かっている手ごたえがない!このセラピストのところで大丈夫かなあ?」

なんていう時に、だいたいどのくらいの期間で判断を下すといいのか?という点について少しでも情報があるといいのかなぁ、と思いました。

目安は、3回目までの効果。

セラピスト・カウンセラーにより意見の分かれるところであり、あくまで目安なのですが、私自身は

2週間から1ヶ月ごとにセラピーを受けたとして、3回目が終わった後でも、問題が全く解決に向かっていないようであれば、そのセラピーやカウンセリングとの相性が良くないことを疑ったほうが良い。

問題が解決するまでの時間・回数となると、誰にでも当てはまる明確な数字を出すことは難しいとはいえ、この期間の内に、問題そのものは解決していないけれども問題に関するストレスは減ったであるとか、問題自体が少しでも解決の方向に動き出したと本人が思えるだけの効果が出ていない場合は、そのセラピスト・カウンセラーの技術に問題があるか、相性が良くないかのどちらかと判断して問題はないのでは?と思っています。

逆に、それまでの期間で、なんらかの前進があるようであれば、そのサービスは、継続して行くに値するサービスと思ってよいでしょう。

自分も追い詰めるような記事を書いて、大丈夫かワタシ?と思わないこともないのですが(笑)、この指標に合うよう、またそれ以上の成果を出せるよう、私自身も日々向上を続けていきたいと思っています。

心と体の統合セラピーについての情報はこちら。

コメントはまだありません »

コメントをお寄せください(管理者承認の後に公開されます)。

コメントの投稿