理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?

当方にいらっしゃるクライアントの方から、よくうかがうお悩みのひとつに、

理由もなく不安になってしまう、、、
なぜだか分からないけど、いつももやもやした気分がする。苦しい。

といったお悩みがあります。

不安、もやもや気分、落ち込みなど、その種類は様々ですが、どれも「なぜだか分からないけれど苦しい!」というところが共通点。

理由があれば対処のしようもあるかもしれませんが、なぜだか分からないというところが厄介です。それに加えて、理由がないからといって症状が軽いともかぎらず、辛くて何も出来なくなってしまうようなケースも多い。

こうした「理由のわからない苦しさ」に長い間お困りの方も、この記事をお読みの方の中にはいらっしゃるかもしれません。

理由の分からない苦しさの原因は身体にある。

実は、この「理由の分からない苦しさ」、以前「体の『コリ』に蓄積される感情。」などの記事でも書かせて頂いたような、感情とセットになった身体のコリ=筋膜の細かい癒着が原因になっていることが非常に多いです。

こうしたケースでは、精神科でもらったお薬を飲んでみる、ポジティブ思考を頑張ってみる、などの様々な努力が効果を発揮することはあまりありません。感情とセットになった身体のコリという原因を放置したままに、他の対策を行っても的外れになってしまう、、、ということになりがちです。

筋膜ほぐしを中心としたボディーワークが、改善のカギになる。

逆に、この身体のコリ=筋膜の細かい癒着を解消することに正面から取り組むことにより、今まで何をやっても解消できなかった「理由の分からない苦しさ」が次第に解消していくことは珍しくありません。

症状の重さ、期間により個人差はあり、効果を感じて頂くために必要なセッション時間が1時間の場合もあれば、10時間以上のセッションが必要となってくる場合もありますが、身体の細かいコリが減っていくごとに心も軽くなっていきます。

この「理由の分からない苦しさ」の解消は、当方の得意分野のひとつ。筋膜をほぐしていくためのボディーワークを提供させて頂くことに加え、ご自宅でも取り組める方法も合わせてお伝えすることで、できる限りスムーズに改善ができるような取り組みをさせていただいております。

セッション後に「気分・体ともにスッキリ軽くなりました!」というお言葉をクライアントの方から頂くことも多いです。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
うつ症状に悩まれている方の共通点は、身体の緊張。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
身体の「コリ」に蓄積される感情。
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

コメントはまだありません »

コメントをお寄せください(管理者承認の後に公開されます)。

コメントの投稿