筋膜リリースと、トラウマ・邪気の関係。

落ち込みやすい・イライラしやすい・どうしても特定の考え方に捕らわれてしまう・とにかくもやもやする、、、など、とにかく苦しい心の症状。

当方のセッションでは、これらを解消するために、その問題に関わる身体のクセ・コリを解消する筋膜リリース(筋膜ほぐし)を提供しています。
※「筋膜」って何?という方は、「コリ・ハリと『筋膜』と心の関係」や、本記事末尾の参考記事も合わせてご覧ください。

心と体、双方のノウハウを持っている当方ならではのメニューです。お薬を飲んでも良くならなかったり他の心理セラピーで解消できないような問題でも効果が出ることが多い、非常におすすめできるワークでもあります。

ちなみに、電話セッションでもある程度のワークは可能です。不思議に感じる方がほとんどかと思いますが、ちゃんとやり方があるのですよ(笑)

具体的には、特定のワークを使って、現在抱えている心の問題が、身体のどこと関わっているか?を割り出し、そこにあるコリ=筋膜の細かな癒着をほぐす、ということを行っています。

この筋膜リリースですが、行っていると、単に筋膜がほぐれるだけではなく、その他にも興味深いことが起こります。

筋膜リリースに伴って起こること1:
心のクセを形成するきっかけとなった過去のエピソード・トラウマを思い出す。

一つ目は、筋膜をほぐしている間に、今まで気付かなかった過去の出来事・トラウマが自然と思い出されてくること。あくまで「自然と」思い出されるというのがポイントです。

こちらから特に質問をするわけでもないのですが、「そういえば昔、、、」というように、ちょっとした過去のエピソードをクライアントの方が話し出されることがけっこうな確率で起こります。

そしてほとんどの場合、そのエピソード自体が、心のクセを形成するのに一役買っているものだったりします。

もちろん、そこの筋膜がほぐれれば、問題となっていた心の症状は軽減・解消されますし、トラウマも同時に解消されます(その出来事を思い返しても苦しさがなくなる)。

記憶と身体は密接に結びついていることをありありと実感する現象です。

筋膜リリースに伴って起こること2:
身体に溜まっていた邪気が抜ける

二つ目は、筋膜をほぐすことで、その部分に溜まっていた邪気が抜けていくこと。いわゆる邪気が身体に溜まっている場合、その部位にはほぼ必ずコリ=筋膜の癒着があります。

敏感な方は、重苦しい感じ・もやもやした感じ・イヤな熱感など、ケースごとにより様々ですが、これらの邪気が抜けてスッキリしていくことを実際にその場で感じられます。

また、特に敏感でない方でも、その筋膜を一段階ほぐした後に、スッキリ感を感じられる・ラクになった感じが得られることがほとんどです。

ちなみに、前の項目で書いたような、過去のエピソードを思い出すようなことがなくても、この邪気が抜けていくことさえ起これば、対象となっていた心の症状は軽減・解消されます。

補足: だいたい何回くらいのセッションで良くなるのか?

ここまで読んで、筋膜リリースに興味を持たれた方の中には、どのくらいのセッション回数で改善が見られるのか?というところに興味を持たれる方がいらっしゃるかもしれません。

コリの程度=筋膜の癒着の程度はケースごとにかなり違うのが実情ですが、当方での実績を、幅を持たせておおまかに回答させていただくならば、以下の通りとなります。

■その症状を抱えてからの日が浅い(2~6ヶ月以内)の場合は1回~数回のセッションで改善されることが多いです。
■それに対して、それよりも長い間お困りの症状の場合はより多くのセッション(場合によっては6回~10回程度)のセッションが必要となることが多いです。

心と体の統合セラピーに関する情報はこちら
クライアントの声はこちら

参考記事:
休職期間中におすすめの取り組みは?
無表情な人、不機嫌な人がもたらすストレスに気をつけよう。
「毒になる親」の「毒」とは「身体の緊張グセ」のこと。
自信が持てない時は、身体の緊張に意識を向けてみよう!
Noと言えない、断れない!を心身両面から解消するヒント。
やっぱり大きな影響を与える、子供の頃の親との関係。
うつ症状に悩まれている方の共通点は、身体の緊張。
パワハラ・モラハラによるうつに悩む方の共通項と、対策について。
心の問題に深く関わる「トラウマ」と、その正体。
理由のない苦しさ(不安・落ち込み・もやもや気分など)の原因は?
「鬱屈」という言葉の正体。
体の「コリ」に蓄積される感情
無意識の緊張。気づきやすい場所と気づきにくい場所があります。
コリ・ハリと「筋膜」と心の関係。
心のクセと「コリ・ハリ」の無限ループ。
過去の記憶と体の痛み。

コメントはまだありません »

コメントをお寄せください(管理者承認の後に公開されます)。

コメントの投稿